生活習慣病に対する保健指導・頸動脈エコー検査

1. 保健指導 
当院では、生活習慣病に関して、保健師による保健指導を行っています。
具体的には、採血検査や血圧測定などで、糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症や高血圧を示す値、またはそれらのリスクが考えられる方に、必要に応じて保健指導を勧めています。

保健指導では、生活習慣病についての知識提供はもちろん、患者様の生活習慣や身体状態をうかがい、個々の患者様に合わせた生活改善や新たな食事・運動習慣への取り組みをご相談、ご提案していくようにしています。

1回の保健指導は30分~1時間程度で、個々の患者様に合わせて行っています。
加えて、定期的な体重・腹囲測定、採血検査を行い、数値としても経過を把握、共有できるようにしています。
2. 頚動脈エコー検査  
頚動脈エコーとは、動脈硬化の診断ができる検査です。
全身の動脈硬化の程度を表す指標を評価できます。また、脳血管疾患に対する評価も用いられます。
動脈硬化を起こすと血管壁が厚くなったり硬くなったりしますが、その様子が画像で簡単に確認できます。

<検査の仕方>
仰向けに寝た状態で、首の部分をエコーで検査します。 左右合わせて十数分程度で終了する検査です。